I'm ganna be a Rails engineer

未経験からRailsエンジニアへの道のり

未経験から内定頂いたよ。- 本音の就活編 -

この記事のコンセプト

 

とにかく本音で書きました。

よくある就活必勝法だとか、面接テンプレートとかもう、うんざりですね。

まぁ、この記事もなんの参考にもならない人の方が多いかと思います。

こんな人もいるんだなの中に少しの共感があったら嬉しいです。

※いつの間にか内定を頂けた会社の虜にさせてしまうかも知れません。

 

 

 

お前は誰だ?

確かにそれ気になりますよね。

簡単に言うと、高卒元フリーター現ニートです。

よく言うと、意識、やる気MAX、顔は普通の所謂ぱっと見「好印象気味」な21歳です。

twitter.com

 

見飽きた就活必勝法と現実

「面接テンプレート」みたいなのはウンザリ。

志望動機は何ですか?

うちの社員としてどういった人になりたいですか??

前職ではどういった経験を??

.....知るか!!!

そんなもんは!!こっちは現実「この会社良さそう」な雰囲気から入ったんじゃ!!って思いません??

入る前からそんなもん分かったら今頃フリーターなんざやってないよ。明日の晩ご飯も分からん今日この頃なのに。って本気で思ってました。

本音で言えない自分も情けないですね。

 

何社受けたの??

数えてない。

数えてる???

時々Twitterで応募⚪︎⚪︎件、一次通過⚪︎⚪︎件、内定⚪︎⚪︎件です!を見かけるけど本当に凄いと思う。自己管理すごい。

自己管理できん奴めなんて思わないでください。きっと関係ないよそれとこれは。

 

面接対策は?

あんまりしてない。

特に面接で話す内容。

こう聞かれたらこう返す。正直言うと、本当にバカバカしくてやる気にもなれなかった。

もう、そういうスタイルの面接をする会社は合わない前提で逆に気楽に自分の素を出そう。と割り切って挑んでました。(案の定落ちる)

ゆういつ力を入れたことは、ホームページ、会社の記事、ブログには死ぬ気で目を通しました。

興味を持ったことは事実だし、話す内容をテンプレート化していない以上話すネタをたくさん持つことは最も良い必勝法だと思うからです。

要は、内定後のことが大事であって、無理に自分を作って入社できても素で仕事できないよねってこと。

 

じゃあ内定いただけた会社は??

良いことを聞いてくれた。(自分で書いてるんだけどね。。)

「衝撃を受けた」が第一印象でしたね。

理由はつあります

1.挨拶してくれるじゃん。。

2.面接フレンドライクミーじゃん。。

3.採用ガチじゃん。。

4.本気で世界1目指してるじゃん。。

意外とシンプルかも知れませんが僕にとっては衝撃でした。

まず挨拶。

するの当たり前だけど、当たり前のことできるってすごくない??

なんか気持ちいいよね。一次面接前にここに絶対入社するって誓った瞬間だった。

次に面接。

前振り散々したけど、一切堅苦しいことはしない。お互いの素を引き出す為に楽しいトークみたいな感じだった。話してて楽しかったし、素の自分で話せるからより良さをお互いに知ることができた。なんて良い会社なんだ。絶対入社してやるLv120。

次に採用のガチ度。

本採用までにエンジニアの場合、1次→2次→エンジニア選考(約1ヶ月)→最終面接

と本当に慎重にみる。要するに難易度も高くなるわけだ。

俄然やる気がでる。絶対入社してやるLv150。

次に本気で世界1を目指している。

掲げる想いと結果が伴っている。また最終面接の際の面接官が最後、

「本気で世界1を目指してるけどやれるか??」

と、本気の目で質問してきた。

動物園のライオンよりその瞬間は怖かったけど負けじと「やれます!!」といったね。

世界1位を目指す会社の一員で戦えるほど光栄なことはなくないか???

志望動機なんぞもうはっきりいってどうでもよくなっていたのかも知れません。

 

最後に

未経験から内定をもらうのは簡単ではありません。

でも、どこでも良いかと言われたらそうではありません。せっかく必死こいて勉強したんだからその想いを捧げる会社ぐらい自分で選んでやる。ぐらいの気持ちで挑んだ方が良いと思うのです。

楽しいものではありません。僕も大変で辛くて食べ過ぎて太りました。

自分を見失わず頑張ってください。

僕は応援してます。上からですいません。

 

会社概要

世界一になる会社。本気です。

www.ga-tech.co.jp